車が動かなくなりましたが、ラッキーかも?

Keyランプ

昨日、ツイッターではちょこちょこ投稿していましたが、車のエンジンがかからなくなったお話し。(笑)

夜、子供を迎えに行こうと、いつも通り車に乗り込み、エンジンをかけようとするも、うんともすんともいわず・・・
とりあえず、いつもお世話になっている日産の販売店(営業所?)に電話をかけました。
19時ごろです。
悲しいことに、営業時間終了のアナウンスが聞こえてきました。
(18時までって短くないですか?平日車に何かあってもほぼほぼ無理ですよね?)
「さあ、どうしようか?」と悩みながらアナウンスを聞いていると「緊急サポートセンターは0120-760-023まで・・・」と言う内容が聞こえてきました。
そこで、もちろんすぐに緊急サポートセンターへ電話をかけました。
「オペレーターにおつなぎし・・・うんぬんかんぬん」つながるまでしばらく待てとのことで、少し待つもいっこうにオペレーターにはつながらず。
その間に妻に電話したり、子供に連絡したり、あれやこれやしてもいっこうにつながらず。
かなりの時間待った後、ようやくつながりました。
そこで、まずは「お名前をフルネームで・・・」とのこと。
ここからのやり取りはよくある感じです。

オペレーター(以下オ)「お名前をフルネームで・・・・」
私「オザサ」
オ「コザサ?」
私「オ・ザ・サ」
オ「ヨザサ?」
私「小さいに笹と書いてオ・ザ・サ」
オ「オザサ?」
私「ミチノリ」
オ「オザサミチノリ様」

このやり取り、これまでの人生の中でおそらく何万回も行ってます。(笑)
単純に店の予約とかの場合、聞き直された際に、面倒だなと思ったら、
「あ、タナカです」と言ったりしますけど、今回はちゃんとした方が良さそうなので。
これ、後日全国の小笹さんに聞いてみたいですね。(笑)

で、その後、現象やその他諸々の説明をし、結局エンジンが動くこともなく、JAFか任意保険の会社に取り次ぎますとのことに。
で、また「しばらくお待ちください」と。

しばらく・・・・ッテドレグライ?

その間にネットで検索してみました。
「エルグランド key」と検索窓に入力すると「エルグランド key 点滅」と言うのが候補に。
それをクリック。
ノートの説明書らしきページがヒット。

エンジン停止中にKEY警告灯が黄色に点灯しているときは、ステアリングロックを解除できないか、エンジンを始動できないおそれがあります。エンジン回転中にKEY警告灯が点灯しても走行を続けることができますが、その場合でも、できるだけ早く日産販売会社に連絡してください。

何やらやばめな注意書きを発見。(笑)

その後しばらくして、保険会社に取り次いでもらい、諸々確認と説明。
この辺りは以前にも経験があるので、スムーズに。(^^)
30分後ぐらいに業者さんが来てくれるとのこと。
来てくれた業者さん、以前も別の車の時に来てくれた方。
状況説明し、確認。
お互い、おそらくシステムエラーだろうとのことで納得。
念のため、バッテリーをチェックし、問題なし。

業者さん「では、明日車屋さんに連絡してもらって、レッカー必要ならまた連絡ください。」
私「そうですね。たぶん車屋さんが何とかしてくれるとは思いますので。」
妻「明日水曜日やで」
業者さんと私「あ!?・・・」

車屋さんは水曜日休みでした。(笑)

その後、どうする?こうすると色々妻と相談し、今に至ります。
結局明日にならないと何も動きが読めませんね。

で、記事が長すぎて、タイトルを忘れているかもしれませんが、車が動かなくなったのに何がラッキーなのか?
実は一昨日にそれっぽいランプが点灯してたんですね。
記事の写真がそれです。
あまり見たことのないランプだったんで写真撮ってたんです。ww
これ、あの注意書き見ると、車が止まっててもおかしくなかったんんですよね。
気づいたのは出先で車を止める前です。
で、車を止めて用事を済ませて車に戻って、普通にエンジンかけて無事に帰ってきています。
今回のトラブルが出先で起こっていたら、たぶん相当疲れていたと思います。
予定もぐちゃぐちゃになっていたと思います。
家で起こってラッキーでした。

妻が乗って行ってる時じゃなくって良かったですし、子供を迎えに行っている時じゃなくてよかったですし・・・数え上げればきりがありませんが、とにかくちょっとめんどくさかったぐらいで済んで良かったです。(^^)

The following two tabs change content below.
1971年、奈良県橿原市生まれ。京都でWebを中心としたプロデュースなどを行うオフィスピコッツの代表。これまで多種多様なWEBサイトの制作や運営、プロデュースに携わり、複数のWEB系のコンテストなどでの受賞暦も持つ。 現在、WEBサイトの作成や運営などはもちろん、新規事業立ち上げのサポートや各種プロジェクトのアドバイザー、大学校や高校の講師、PTA会長、CEOなど、活動の範囲を広げている。

最新記事 by 小笹 通典 (全て見る)

スポンサーリンク
ad
ad

フォローする

スポンサーリンク
ad