家庭訪問

今日は上の子の家庭訪問がありました。

若い先生なので、
緊張してるでしょうに、
こんないかついおっさんが相手だと
緊張も倍増しちゃったんじゃないでしょうか。(笑)
先生すいませんねぇ

話しの内容は先生が変わっても、ほぼ毎年同じです。

「うちは適当で良いです」 と。(笑)

「余程のことがあったり、大怪我したり、他の子にひどいことをしたりしたら連絡してください」 と。

私はあまり細かいことは気にしません。
学校でいい子にしてようが、悪い子にしてようが、何してようが。(笑)
それは我が子のことですので、もちろん多少気にはなりますが、
学校で何かが起こらないわけはないでしょ。

学校が好きだったり嫌いだったり、
先生が好きだったり嫌いだったり、
勉強が好きだったり嫌いだったり、
怪我もするでしょうし、
けんかもするでしょうし、
いたずらもするでしょうし、
嫌なこともあるでしょうし・・・。

学校って勉強はもちろんですが、いろんなことをある程度守られた囲いの中で
いろんな経験をするところだと思います。
いろんな経験をする中でバンバン免疫つけてもらった方がどっちかといえば良いです。
フォローは家でしますので。

そんなわけで、「適当で良いです」と。(笑)
最近は細かなことまで家庭に報告しなきゃいけないような雰囲気がありますが、あれどうなんでしょうね?
あんなこと私の子供のころにしてたら、毎日何か連絡入ってますよ。(笑)

とにもかくにも、
「学校なんか行かんかったらええねん!」と私が言っても
一切聞く耳を持たない上の子ですから、今は学校が好きなんでしょう!(笑)

先生、よろしくお願いしますね!

The following two tabs change content below.
1971年、奈良県橿原市生まれ。京都でWebを中心としたプロデュースなどを行うオフィスピコッツの代表。これまで多種多様なWEBサイトの制作や運営、プロデュースに携わり、複数のWEB系のコンテストなどでの受賞暦も持つ。 現在、WEBサイトの作成や運営などはもちろん、新規事業立ち上げのサポートや各種プロジェクトのアドバイザー、大学校や高校の講師、PTA会長、CEOなど、活動の範囲を広げている。

最新記事 by 小笹 通典 (全て見る)

スポンサーリンク
ad
ad

フォローする

スポンサーリンク
ad