[ほっこり]疲れた時は結婚式用DVD

最近、確定申告の作業で疲れています。
1年間サボったせいですが、正直面倒です。
これも仕事と言えば、仕事なのですが、クライアント様のお仕事がもちろん優先ですので、夜中にやってます。
おかげで寝不足で、疲労困憊・・・

そんな時、マウスを持つ手が勝手に動きます(笑)

昨日は昨年義理の弟の結婚式で作ったDVDの素材が入ったフォルダへ。
結構ギリギリで作ったので、「大満足!」とまでの完成度ではないのですが、私達の思いは伝えられたと思えるようなDVDでした。

どちらかと言うと、感動を誘う事を狙って作ったもので、時々見ては「ほっこり」しています。
結婚、兄弟、親子っていいですよね!

さあ今日も頑張りましょう!


[2019年6月28日追記]
2009年の投稿で「昨年」ということなので、弟たちの結婚は2008年なんですね。
10年以上になりますか。
この投稿で「結婚、兄弟、親子っていいですよね!」と言っていますが、これ、ちょっといい人ぶっていました。笑。
一般的な意味であったり、義理の家族を見てという意味では「良い」です。
また「結婚」も「良い」です。
ただ、兄弟や親子は自分基準の場合、必ずしも「良い」とは思いません。
というのも、私は実の親や実の兄弟、実の親戚(こんな言葉ある??)と仲がいい訳ではありません。仲がいいわけではないので、当然「良い」とは思えません。
そこにはいろいろな経緯や理由があるのですが、公にするほどのものでもないので、同じような悩みを持った方々だけにお伝えしたりしています。
親や兄弟、親戚と仲が悪いとお悩みの方、色々ある方々、遠慮なくご相談くださいね。

The following two tabs change content below.
1971年、奈良県橿原市生まれ。京都でWebを中心としたプロデュースなどを行うオフィスピコッツの代表。これまで多種多様なWEBサイトの制作や運営、プロデュースに携わり、複数のWEB系のコンテストなどでの受賞暦も持つ。 現在、WEBサイトの作成や運営などはもちろん、新規事業立ち上げのサポートや各種プロジェクトのアドバイザー、大学校や高校の講師、PTA会長、CEOなど、活動の範囲を広げている。
スポンサーリンク
ad
ad

フォローする

関連コンテンツ


スポンサーリンク
ad
Translate »