WordPressの使い方:クリックするだけでエクスポート・インポートができるプラグイン 【All-in-One WP Migration】#エクスポート編(バックアップ)

WordPress(ワードプレス)を使ってサイト運営やブログ作成している方、バックアップは万全でしょうか?もしもの時のために、バックアップはしっかりとっておきたいですね。

しかしWordpressのバックアップはデータベースに直接アクセスする必要があり、初心者さんにはハードルが高いかと思います。

【All-in-One WP Migration】 を使用すれば、クリックするだけでエクスポート(バックアップ)を取ることが可能です。またインポート(復元)も注意点がありますが、クリックのみで行うことができます。

今回はエクスポート(バックアップ)の方法をご紹介します。


  1. プラグイン【All-in-One WP Migration】をインストールする
  2. バックアップ前の事前準備
  3. エクスポートファイルをダウンロードする
  4. 注意点1:エクスポートのファイルサイズ
  5. 注意点2:エクスポートされるデータ

1.プラグイン【All-in-One WP Migration】をインストールする

まずは【All-in-One WP Migration】をインストールします。

メインナビゲーションメニュー(縦長のメニュー) → プラグイン → 『プラグインを追加』をクリックし、検索欄に【 All-in-One WP Migration 】と入力します。
似たようなものがあるかと思いますが、プラグインサイトと同じアイコン、同じ作者さんのものをインストールしてください。
※プラグインをインストールする場合は[評価]や[インストール数]、[最終更新][互換性]を確認した上で自己責任で行ってください。

右上の『今すぐインストール』をクリックするとインストールが開始されます。
インストールが完了すると『有効化』に変化しますので、クリック。

左にあるメインナビゲーションメニュー(縦長のメニュー)に All-in-One WP Migration が追加されます。
これでインストールおよび有効化できました。

2.バックアップ前の事前準備

※ WordPressのアップデート

WordPressを最新バージョンにアップデートしておきましょう。
管理画面『更新』にメッセージが出ている場合、Wordpressの最新バージョンがあります。

※ 相性が悪いプラグインの停止

【 SiteGuard WP Plugin 】 は、All-in-One WP Migrationと相性が悪いと報告されています。
プラグインを導入している場合は、必ず無効化してからエクスポートを行うようにしてください。

3.エクスポートファイルをダウンロードする

All-in-One WP Migration ではデータのエクスポート・インポートを行うことができます。
今回はエクスポートを使いデータのバックアップ行うので ll-in-One WP Migration → エクスポートを選択します。

エクスポートしないデータを選択する

バックアップを取る際、すべてのデータ(画像、テーマのファイル、データベース、プラグインのファイル)を一つのファイル( 独自フォーマットで拡張子が「.wpress」のファイル )にしてエクスポートしますが、画像データは不要といった場合もあるかと思います。

エクスポート先を選択するまでに『高度なオプション』でエクスポートしないものを選択することができます。
チェックをいれるとエクスポートされませんので、その分ファイル容量が軽くなります。

よく分からない場合は何も触らず次へ…

エクスポート先を選択する

『エクスポート先』をクリックすることで、エクスポート先を選択することができます。
『ファイル』を選択します。

選択するとバックアップ作業が開始されます。

しばらく待つと…

ダウンロードできます。
パソコン本体に、ダウンロードしたデータを定期的に保存するフォルダを作成し、保存しておきましょう。

エクスポートで作成したバックアップデータはメインナビゲーションメニュー(縦長のメニュー) → All-in-One WP Migration → バックアップに追加されます。
バックアップデータは何度も作成することができますが、その分Wordpressの容量を圧迫していきます。×を押すことで削除できますので、定期的に減らすようにしましょう。

これでバックアップの作成は完了です。

エクスポートが完了し「これでいつでもインポートで復元できる!」と思ってしまいますが、 注意点がいくつか存在します。

4.注意点1:エクスポートのファイルサイズ

バックアップしたものをインポート(復元)する場合、データの容量に制限があります。

使用しているサーバーなどの設定によって最大アップロードサイズが変わります。
もしオーバーしていた場合は 最大アップロードファイルサイズを上げる方法(英語サイト) を参考にしてください。(プラグインを追加し、アップロードサイズを上げる方法は現在使用できません。

サイトの引っ越し、復元作業を行う場合は最大アップロードファイルサイズに注意してください。

上の画像の場合、最大アップロードファイルサイズは100MB、 バックアップデータは525.68MBなので、サイズオーバーしています。この場合、何らかの方法で最大アップロードファイルサイズを上げる必要があるということになります。

5.注意点2:エクスポートされるデータ

All-in-One WP Migration のエクスポートは、全てのデータ(画像、テーマのファイル、データベース、プラグインのファイル)がエクスポートされます。しかしFTPサーバに直接アップロードしたファイルはインポートされませんので、ご注意ください。

まとめ

いかがでしたか?
バックアップ作業はとても大切なことなのですが、面倒で難しいですよね。
【All-in-One WP Migration 】 はクリックするだけでバックアップ、インポートできますのでハードルの高いバックアップ、復元作業が楽になります。

バックアップの方法の一つとして、活用してみてはいかがでしょうか?

以上で『WordPressの使い方:クリックするだけでエクスポート・インポートができるプラグイン 【All-in-One WP Migration】#エクスポート編(バックアップ)』 を終わります。
お疲れさまでした。


The following two tabs change content below.
1971年、奈良県橿原市生まれ。京都でWebを中心としたプロデュースなどを行うオフィスピコッツの代表。これまで多種多様なWEBサイトの制作や運営、プロデュースに携わり、複数のWEB系のコンテストなどでの受賞暦も持つ。 現在、WEBサイトの作成や運営などはもちろん、新規事業立ち上げのサポートや各種プロジェクトのアドバイザー、大学校や高校の講師、PTA会長、CEOなど、活動の範囲を広げている。