サブディレクトリにインストールしたWordPressをルートディレクトリ表示に変更する方法

wordpressをサブディレクトリにインストールすると、
「http://www.sample_pikoz.com/wp」
「http://www.sample_pikoz.com/web」
など、「wp」や「web」というサブディレクトリ名が末尾に表示されます。

今回はFFFTPを使用し、サブディレクトリからルートディレクトリに移動させる方法をご紹介します。
移動させるとサブディレクトリ名がなくなり、http://www.sample_pikoz.comというシンプルなURLになります。

■下準備
①バックアップ
Wordpressを触る前にまずバックアップを取っておいてください。
万が一、データが消えた場合に備えます。
WordPressの使い方:バックアップの方法

②フォルダの用意
FFFTPからデータを一度ダウンロードしますので、事前にフォルダを作成しておくとわかりやすくなります。

では、始めます。

サイトアドレスの変更
まずWordpressにログインします。
ログイン後、WordPressのサイドバーにある『設定』『一般』をクリック。

上から4つ目、サイトアドレスの末尾にあるサブディレクトリ名を消します。
「http://www.sample_pikoz.com/web」ならば「http://www.sample_pikoz.com」に。

WordPressアドレスの方は絶対に触らないでください。
WordPressアドレスを変更してしまうと、ログインできなくなります。
もし行ってしまった場合は下記のURLなどを参考に復旧作業をおこなってください。
wordpressのアドレスを変更してログインできないときの対処方法(ワードプレスの使い方|初心者のための入門ガイド)


サイトアドレスのみ変更したら保存をしてください。
この作業のみでやめてしまうとサイトがうまく表示されませんので、ここからの作業も必ず行ってください。

■FFFTPで必要なデータをダウンロード
次にFFFTPを開きます。

PC側(左)には用意したフォルダを、サーバー側(右)にはWordpressをインストールした場所を表示します。

『index.php』と『.htaccess』の2つを選択し右クリックで「ダウンロード」、もしくはPC側にドラッグしてダウンロードしてください。

■データを書き換える
次にコピーした『index.php』と『.htaccess』の中を書き換えます。
ルートディレクトリからWordPressインストール先のサブディレクトリ(例:web)を参照するための変更です。

index.php
『index.php』をメモなどで開きます。
変更箇所は1か所で、ディレクトリ名を追加します。


※追加する文字は「/web」です。「/」の前の「.」は不要です。
古いバージョン向けのマニュアルには「./web」と入力するように書かれている場合があります。

変更ができたら保存します。

②.htaccess
同じく『.htaccess』をメモなどで開きます。
変更箇所は2か所でディレクトリ名を取り除きます(例: /web/ を / に)。


最後の行「. /index.php」の「.」と「/」の間にある空白を消してしまわないように気をつけてください。

変更ができたら保存します。

■FFFTPでサーバーに保存する
書き換えた『index.php』と『.htaccess』をサブディレクトリと同じ階層にインストールします。


インストール時に上書き確認が表示される場合があります。
新しければ上書きして構いません。

同じ階層に『index.html』がある場合は削除してください。
残したままだとそちらが優先的に表示されてしまい、上手くいきません。

■確認する
作業は以上です。
サイトを確認し、URLが変更されているか、きちんと表示されているかの確認を行ってください。

他のページや検索結果に使用されているURLにアクセスし正常に転送されるかも確認しましょう。(元のURLで検索する等)

なお、ダッシュボードはインストール先の「http://WordPressアドレス/wp/wp-admin」のままとなります。

以上、サブディレクトリにインストールしたWordPressをルートディレクトリ表示に変更する方法でした。
お疲れ様でした。

The following two tabs change content below.
1971年、奈良県橿原市生まれ。京都でWebを中心としたプロデュースなどを行うオフィスピコッツの代表。これまで多種多様なWEBサイトの制作や運営、プロデュースに携わり、複数のWEB系のコンテストなどでの受賞暦も持つ。 現在、WEBサイトの作成や運営などはもちろん、新規事業立ち上げのサポートや各種プロジェクトのアドバイザー、大学校や高校の講師、PTA会長、CEOなど、活動の範囲を広げている。
スポンサーリンク
ad
ad

フォローする

関連コンテンツ


スポンサーリンク
ad
Translate »