私もWeb制作のSOHOですが・・・

今日、こんな質問をいただきました。

私もWeb制作のSOHOですが、どうやって仕事を取ってるんですか?
最近仕事が減って悩んでいます。

うーん (^^;)

なんと答えていいか。
一概には何とも言えないので難しいですね。

本題はこれから、時間のあるときに色々お聞きしてからになると思いますが、
とりあえずは、私の状況と経験をお伝えしておきました。

概略だけ公開しますね。

まず、オフィスピコッツの現状ですが、受注数は前年より伸びています。
売上も同様です。
依頼の割合は、全くの新規が半分程度、紹介や既存クライアント様からのご依頼が半分程度。
ただ、既に8年目に突入していますので、7年分の実績があったり、クライアント様がいらっしゃいます。

ご相談の方は、事業開始から3年程度とのことですので、
自分自身のその時期のことを思い出しますと・・・・

3年目ごろには、既に賞をいただいた後でしたので、それほど積極的に営業活動を行なわなくても、
依頼が入ってくるような状況でした。
最近はWeb関係のコンテストも数が減ったように思いますので、同じようには行かないかもしれません。

その前となると、様々な所に営業をかけ、知り合いという知り合いに声をかけ、
自身のサイトを有り余る時間を使って、できる限り充実させていた記憶があります。
ただ、この頃は闇雲に突き進んでいた感が否めません。
今になって思えば、少しエネルギーや時間をロスしていたように思います。

今だから言えることとしては、
「あんたに頼みたい!」と思っていただけるよう、自身のサイトで他との違いや意気込みなどを
精一杯伝えるようにしてみてはいかがでしょうか!
直接会える方には直接お会いし、人となりを見てもらい、
直接会えない方には、サイトを通じて信用してもらえるよう、「出せる情報はすべて出す」ぐらいの勢いで。(笑)

誠意や真剣さや熱意は必ず伝わると私は信じています!!

苦しい時は、どうしても弱気になってしまいますが、
そんな時こそ、「一歩前へ」進んでください!!

The following two tabs change content below.
1971年、奈良県橿原市生まれ。京都でWebを中心としたプロデュースなどを行うオフィスピコッツの代表。これまで多種多様なWEBサイトの制作や運営、プロデュースに携わり、複数のWEB系のコンテストなどでの受賞暦も持つ。 現在、WEBサイトの作成や運営などはもちろん、新規事業立ち上げのサポートや各種プロジェクトのアドバイザー、大学校や高校の講師、PTA会長、CEOなど、活動の範囲を広げている。

最新記事 by 小笹 通典 (全て見る)

スポンサーリンク
ad
ad

フォローする

スポンサーリンク
ad