WordPressの使い方:投稿と固定ページの新規追加(ブロックエディター編)

ここでは5.0から標準となったブロックエディターでの新規追加方法を紹介していきます。
ちなみに旧エディターが恋しい方はプラグイン Classic Editor というものもあります。

旧エディターでの新規追加はこちらから

■投稿ページ・固定ページ

説明では投稿ページを使用しますが、固定ページでも入力はほぼ同じです。
『タイトルを追加』部分にページのタイトルを入力します。
本文はブロックという塊を作り入力します。

+マークをクリックすると画像・見出し・リストなどさまざまな機能のブロックを追加することができます。
ブロックは並び替えが可能ですので「この文章はもっと上に持って来よう」といった修正が楽になります。

簡単な説明は以下。
実際に触ってみた方が分かるかと思いますので、非公開ページ当で試してみることをオススメします。

一般ブロック

段落:文章の入力
画像:画像の挿入
見出し:見出しの挿入
ギャラリー:画像を横並びで表示
リスト:リスト(箇条書き)を挿入
引用:引用を挿入
音声:音声ファイルのアップロード
カバー:画像の上にテキストが乗ったブロック
ファイル:PDFなどのファイルをアップロード
動画:動画のアップロード

フォーマットブロック

クラシック:旧エディターで入力
ソースコード:ソースコードで入力
カスタムHTML:HTMLで入力
整形済み:整形済みテキスト(preタグ)で入力
プルクオート:引用にさらに装飾して入力
表:表を挿入
詩:水平方向の揃え方を指定できます

レイアウト要素ブロック

ボタン:ボタンを挿入
カラム:2カラム(2列横並び)の利用
グループ:グループを作成し、その中にブロックを配置
メディアと文章:2カラムで文字と画像を配置
続きを読む:続きを読むを挿入
改ページ:改ページを挿入
区切り:区切り線を挿入
スペーサー:縦の余白(スペース)を挿入

ウェジットブロック

ショートコード:任意のショートコードを入力
アーカイブ:日付別アーカイブを挿入
カレンダー:カレンダーの挿入
カテゴリー:投稿のカテゴリーの挿入
最新のコメント:最新のコメントを挿入
最新の記事:最新の記事を挿入
RSS:RSS(情報を効率よく収集することができるフォーマット)を挿入
検索:検索ボックスを挿入
タグクラウド:サイト内のタグを視覚的に表示

埋め込みブロック

埋め込み:埋め込みを挿入
その他:以下SNSなどを挿入するブロックの挿入

ブロック同士は上下の入れ替えも可能です。
慣れるまで大変ですが、慣れてしまえばとても便利です。

現在のブロックの説明は右側に表示されます。

■画像の挿入
投稿やページに画像を入れる場合は、一般ブロックの画像をクリックし、画像を選択します。

ブロックエディタのクラシックを使用し、入力している場合は上部に『メディアを追加』がありますのでクリック

挿入したい場所をクリックしたのち、『メディアを追加』をクリック

メディアを挿入画面が表示されますので、挿入したい画像にチェックマークをいれ、『投稿に挿入』をクリック。
メディアライブラリにアップロードしていない場合は、上の『ファイルをアップロード』から画像をアップロードしてください。
※画像の名前は必ず半角英数字にしてください。
ひらがな、カタカナ、漢字は文字化けの原因となります。

■公開

右側のメニューで『文章』をクリック。
アイキャッチやカテゴリーなどの設定を行ってください。
アイキャッチ→記事などの最初や一覧に表示される画像です。

ステータスと公開状態にて状況を設定します。

公開状態:公開・非公開・パスワード保護から選択します。
公開:いますぐかどうか選択できます。(過去や未来でも可)
ブログのトップに固定やレビュー待ちは必要でしたらチェックを入れてください。

設定が終わりましたら右上にある『プレビュー』をクリックし、確認します。
※公開、更新をクリックすると即公開となりますので、ご注意ください。

公開後、ページを確認します。

■公開したページを編集

すでに公開しているページを編集する場合は、ページ一覧で編集したいページタイトルあたりにカーソルをのせ、表示された『編集』をクリックすると編集できます。
以上、『WordPressの使い方:投稿と固定ページの新規追加(ブロックエディター編) 』でした。
おつかれさまでした。

The following two tabs change content below.
1971年、奈良県橿原市生まれ。京都でWebを中心としたプロデュースなどを行うオフィスピコッツの代表。これまで多種多様なWEBサイトの制作や運営、プロデュースに携わり、複数のWEB系のコンテストなどでの受賞暦も持つ。 現在、WEBサイトの作成や運営などはもちろん、新規事業立ち上げのサポートや各種プロジェクトのアドバイザー、大学校や高校の講師、PTA会長、CEOなど、活動の範囲を広げている。
スポンサーリンク
ad
ad

フォローする

関連コンテンツ


スポンサーリンク
ad
Translate »