BASE(ベイス)は手っ取り早いです。

BASE(ベイス)

オンラインショップを立ち上げるにはいろいろな方法がありますが、手っ取り早く始めるならBASE(ベイス)も選択肢の一つですね。

サクッと数分でこんな感じです。

新規に何かを始める時は、何かと入り用なのは当オフィスの経験やコンサルティングの経験で十分理解しています。そんな新規に何かを始められるチャレンジ精神旺盛な皆さんを応援すべく、できるだけコストを抑えたサービスになります。ただし、一定の効果を得るべく、責任を取る覚悟を持って真剣に制作やサポートをさせていただきますので、格安で...

pikoz+の「制作+運営サポート(新規開業等)」サービスの販売ページを作ってみました。
とりあえず、新規登録から販売開始までは完全に無料です。
このまま売れなければ、ずっと無料です。(笑)
それでは、どこから費用が発生するかというと、実際に売れた時に発生します。
以下、BASEより引用です。

【BASEかんたん決済手数料】
1回のご注文の総合計(送料含む)に対し、3.6%+40円が決済手数料としてかかります。

【サービス利用料】
1回のご注文の総合計(送料含む)に対し、3%がサービス利用料としてかかります。

それぞれの計算方法は、以下の通りです。

例)1,000円の商品が3個、送料500円の注文の場合

▼注文合計金額
1,000円✕3個+500円=3,500円

▼【BASEかんたん決済手数料】=注文合計金額✕3.6%+40
3,500円✕3.6%+40=166円

▼【サービス利用料】=注文合計金額✕3%
3,500円✕3%=105円

▼振込申請を行っていただける金額=注文合計金額-(BASEかんたん決済手数料+サービス利用料)
3,500円-(166円+105円)=3,229円

※小数点以下は四捨五入となります。
※決済手数料は全て税込みとなっております。
※上記の内容の対象はショップ側となります。
※2017年9月20日よりサービス利用料が導入されました。

かんたん決済手数料とサービス利用料が売れた際にかかってくるという事ですね。
その他には、下記のような感じで振込手数料がかかってきます。

ショップ指定口座へ売上金を振込む際に、【振込手数料】と【事務手数料】がかかります。
※振込申請額 - 事務手数料 - 振込手数料 = 振込金額となります。

【振込手数料】
一律250円

【事務手数料】
・2万円未満の場合:500円
・2万円以上の場合:0円

ただ、どちらにしても実際に売り上げが上がった際にかかってきますので、商品の値付けなどを考えて行うことで、負担は軽減できるかもしれませんね。
その他の機能やコツなどについては次回以降に。

The following two tabs change content below.
1971年、奈良県橿原市生まれ。京都でWebを中心としたプロデュースなどを行うオフィスピコッツの代表。これまで多種多様なWEBサイトの制作や運営、プロデュースに携わり、複数のWEB系のコンテストなどでの受賞暦も持つ。 現在、WEBサイトの作成や運営などはもちろん、新規事業立ち上げのサポートや各種プロジェクトのアドバイザー、大学校や高校の講師、PTA会長、CEOなど、活動の範囲を広げている。
スポンサーリンク
ad
ad

フォローする

スポンサーリンク
ad